NEW & EVENT

2017.07.26

カッターナイフの可能性!?

こんにちは。

今日も外はまるで天然サウナの様に暑いですね(*^。^*)

今日は先日工事した現場のレポートをしたいと思います。

色々な現場の職人さんが必ずと言ってもいい程

持っていて、かつ使用頻度の高い道具の一つに

カッターナイフがあります。

なぁ~んだ普通じゃんと思うなかれ!

このカッターナイフ想像以上に使えるんです!

私の人生で今までカッターナイフに重きを置いてこなかった(^_^;)

むしろ、ハサミがあればカッターナイフなんて用は無かった((+_+))

でも違ったんです、カッターナイフがこんなに使えるヤツだなんて

おもってもみませんでした(@_@;)

petdoor

上の写真は、ただの壁に穴を開けているところです。

この穴、そうですカッターナイフで開けたのです\(◎o◎)/!

写真に載っている大工さんが使用している道具はのみですが

確かにカッターナイフで開けました。

幅木(床と壁の見切り)もカッターナイフできれいに切り落としました。

写真の開口右側に見えている木材は間柱だと思いますが、

さすがにあんなに太い木材は切れません(*^。^*)

でも、大工さんはきれいに間柱を避けて穴を開けました。

これにも感動しました!!

元々はただの壁です。

petodoorbefore

こんなんでした。

どこを開けたらいいかなんて見た目には

全くわかりません。間柱や垂木、地厚の木下地は避けたいです。

リフォーム現場では電気配線やガス管、水道管

電話線、インターフォンの配線などが壁の中に埋まっています。

 今回の現場は廊下と寝室の間仕切り壁なので

水道ガス電気等の配線はないだろうと簡単に推測ができますが、

通常リフォームの施工現場では技術は勿論のこと

知識と豊富な経験が必要です。

リフォーム現場では ”開けてみないと分からない” とよく言います。

壁の中は想定外の事が起こります。予期せぬ事が起こっても

臨機応変に対応する職人さん達は本当にすごいといつも思います!(^^)!

そして、そんな職人さん達の仕事を支えるカッターナイフもすごい!!

 

それはそうと、一枚目の写真にでてきた

廊下と寝室の間仕切り壁に開けた小さな穴は何でしょう?

 

 

それはまた、次回の投稿までのお楽しみで v(^^)v

 

名古屋市緑区のリフォームと不動産仲介の専門店

リフォーム工房滝ノ水  鵜飼

0120-89-3732