NEW & EVENT

2017.05.26

こだわりの・・②

   こんにちは(^o^)

またまた久しぶりの投稿になりました。

前回”次回はこだわりのキッチンについて投稿します”

と言いつつ、1ヶ月以上経ってしまいました (^_^;)

 

え~気分を変えて、キッチンのお話をしたいと思います。

20~30年位前までは一般的にキッチンは北側の壁側に設置され、

家族が楽しくテレビを見て団らんしているのを背に淋しくもくもくと料理を作る。

というのが、一般的?なイメージだったと思います。

が、最近のキッチンは各設備メーカーのCMを始め雑誌TVも

”リビングの中心にキッチンを! 家族みんなで楽しく料理!

お母さんは子供が勉強・お遊びしているのを見守りながらお料理♪ ”というのが主流ですね。

 

今回写真を投稿した、S様もやっぱりそうです。

改修前はリビングの北壁と西壁にL型で設置してあったシステムキッチンを

改修後はダイニングテーブルが置いてある南向きにキッチンを移動させました。

キッチンとダイニングテーブルを間仕切っていたカップボードを撤去し、

そこにキッチンを移動させたことで、視界が広がり気持ちのいい大空間が出来上がりました。

IMG_5619before

      ↓

IMG_6188after

元々冷蔵庫が置かれていた左壁面には大きな収納庫を作りました。

食器や食糧品のストックを収納するのに位置も大きさもばっちりです!(^^)!

 

そして、キッチン!

今回はLIXIL リシェルSI 特徴はなんと言っても

セラミックトップ:(^^)v

旧INAXだから焼き物に強いよね~と思っていましたが、

意外にもセラミックトップはポルトガルで製造し船便で輸入しているそうです。

もちろん受注生産品なので、オーダーを受けてから一点々製造しています。

高温で何時間もかけて作られる窯業系素材であるこのセラミックトップは

熱に強く、高い硬度を持ち、焼き物のような高級感が漂っています(^o^)

IMG_2627

かっこいい~(*^。^*)

こんなキッチン見たことがありません!!

CMでもやっていますが、このワークトップ

熱に強いので、熱々のフライパンを直接置いてもへっちゃらです。

天板をまな板がわりにしても大丈夫。醤油やコーヒーなどがこぼれても

色移りしません。そして、この重厚感・高級感!

写真では分かりづらいのが残念です。

いつも笑顔でにこやかなS様ご夫婦ですが

工事完了後はいつも以上の笑顔を見せてくださいましたヽ(^。^)ノ

ありがとうございました。

 

名古屋市緑区のリフォームと不動産仲介の専門店

 リフォーム工房滝ノ水 鵜飼

  0120-89-3721