NEW & EVENT

2017.04.23

こだわりの・・・

こんにちは。

お久しぶりの投稿です。

少し前にPCの調子がおかしくなって新しいPCに取り替え等をしていたら

あっという間に前回の投稿から1か月半経っていました(^_^;)

しかも、あまりPCが得意でないため投稿文のフォントが前と違う様な気がする・・

フォントサイズはあるのに、フォントが無い・・((+_+)) 探しきれません。

 

気分を取り直して!(^^)!

今日は、先日完工した現場の写真をアップしたいと思います。

セラミックトップのSK

今回は床壁のタイルに輸入商品を使用しています。

写真が小さいので分かりづらいですが

正面壁には天然石のタイルを貼っています。細長くカットされた天然石は

一つずつ手で削りだしているため色厚み幅が全て違います。

石材も数種類を使用しているため陰影が美しく高級感が漂っています。

床には磁器質の磨きタイルを施工しました。これも輸入品です。

床タイルの施工は見ていて大変そうでした。

床が平らで固くないとタイルは貼れませんので、ミリ単位で床の不陸を調整します。

上がった箇所は削り、低い箇所には専用下地材を使用します。

床の不陸調整後に実際のタイルを先ずは置きます。

配置した塩梅を見てから?一旦撤去し、ボンドを塗り本配置。

ボンドが乾いてから目地を打ちます。この作業とてつもなく手間が掛かります。

私の稚拙な文章ではこの作業の大変さが全く伝わらないのが残念です(@_@;)

とにもかくにも、職人さんの技術はすごい!の一言に尽きます。

腕の良い職人さんの仕事ぶりを見ていると、簡単にすいーすいーと仕事が進んでいきます。

ボンドを塗るのも、下地を打つのも、目地を打つのも、気持ちがいいほどテンポよく

簡単そうに作業するんです!! でも、本当は難しいんです(当たり前ですが・・)

真っ直ぐに置くのも、塗るのも、ラインを引くのも本当に難しいんです。

段々何が言いたいのか、分からなくなってきましたので

話を元にもどしますが、こんなに綺麗に仕上げてくれた職人さん達ありがとうって話です。

もちろん、この現場のお施主様にも感謝です!

今回、このような普段あまり取り扱うことができないような

床タイルや壁タイル、キッチンなどを私たちを信用して施工発注をいただきありがとうございました。

とても貴重な経験となりました。

今後もお客様の多種多様なご要望に応える事ができる様に精進していきたいと思います

ありがとうございました。

<(_ _)>

 今回はキッチンについて全く書けなかったので、次回はキッチンについて書きたいと思います。

 

名古屋市緑区のリフォームと不動産仲介の専門店

 リフォーム工房滝ノ水

  0120-89-3721