NEW & EVENT

2019.07.20

限られた時間だからこそ・・

こんにちは。

なかなか梅雨が終わらず太陽が恋しい今日この頃です。

さて、先日のマンションリノベ完成見学会には

沢山の方々が見学にお越しになりました\(^o^)/

ありがとうございました。

先日と言っても、もう2ヶ月経っていますが・・(^_^;)

その1ヶ月前の完成見学会の目玉でもあった子供部屋を詳しく

ご紹介したいと思います!

どこのご家庭でもあると思いますが、

”子供部屋を取るスペースがない” まだ兄弟姉妹の場合は

一つの部屋を兄弟姉妹でシェアすればいいですが

兄妹や姉弟などの場合はそれぞれに個室を与えたいけど場所がない・・

なんて場合ありますよね。

そんな時に役に立つのが”空間を立体的に仕切る”です。

どういう事かと言うと・・

br_narrow11

上記図の様に二段ベッドで上階は右スペース

下階は左スペースとします。

IMG_1838

下階ベッド側はすぐ左に机を置けます。

そして上階ベッド側は

IMG_1837

写真では見えませんが上階ベッドの右側に机を置くスペースがあります。

そして、残念ながらやはり写真には写すことができませんでしたが

梯子の左横には横幅30cmほどの洋服掛けスペースがあります。

それは右側の部屋と左側の部屋とどちらにも設けてあります。

最近の時流として、

家族で過ごすスペースを大きく優先的にとり

個室は寝るだけで必要最低限にしましょうというのが流行りです。

あまり子供に広く立派な個室を与えると自立せずにいつまでも家に居ますよなんて

メディアで言われているのを耳にすることも・・・

子供部屋の大きさと自立心の相関関係はよく分かりませんが

家族で楽しく過ごすスペースを大きくとるというのは効率的で賛成です!(^^)!

子供と過ごせる時間は長いようで短いです。特に高校卒業と同時に自立すれば尚の事!!

限られた時間の中で限られた空間をいかに活用し家族の時間を大切にするか!!

写真に載せた

大工さんで造作した2段ベッドの間仕切り子供部屋は

元は6畳+押入れの和室でした。

もし、子供部屋を2室作りたいんだけど1室分しかスペースが無いよなんて時に参考にしてみてください♪

 

名古屋市緑区のリフォームと不動産仲介の専門店

リフォーム工房滝ノ水 鵜飼

0120-893-721